最新ニュース

 

11/26(木)

研究発表会終了!!

お世話になった皆様、ありがとうございました。

 本校は令和元年度および2年度の2年間にわたり、長崎県教育委員会から研究委託を受け、「ふるさとを活性化させるキャリア教育の育成」に取り組んできました。その集大成ともいうべき研究発表会を11月26日(木)に実施いたしました。

 2年目になっての方針の変更や感染症拡大の影響で大きく立ち後れた

感は否めませんでしたが、職員・生徒が一丸となり、何とか本番にこぎ着けることができました。

 そして当日、「ふるさと活性化会議」と銘打った活動を実施しました。企業の代表の方々や、行政関係の方々などに参加いただき、会社組織を立ち上げた3年生の各部署代表が発表や質問などに対応するといった内容です。まず、皮切りに発言された企業側の方が、「はっきり言って(中学生を)なめてました。」と発言していただき、この取組に対する生徒の真剣な思いが確かに伝わっていると感じました。

 会議は大変活発なものになりました。企業・行政の方々は本気モードで質問や意見をぶつけてこられましたが、生徒はそれに見事に対応できていました。このような話し合いの機会を持つことで、きっと生徒たちは、単なる中学校の思い出ではなく、未来の松浦の担い手としての自覚を持ってくれたのではと自負します。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

DSCN0417.JPG
CIMG0644.JPG
CIMG0642.JPG
CIMG0649.JPG

 

TMエンタープライズ

(3年生が立ち上げた会社名)

社長兼経理部長

松浦 玄士さん

​のコメント

​社長を任命された時最初に思ったことは「やるからにはきちんとやろう」ということでした。しかし実際にやってみると経理部長を兼ねていたこともあり、全体をみることがとても難しく、トップというのは大変だなというのが実感でした。特に商品開発に関して、「この商品で良いのだろうか。自分たちはおいしいと思っても、様々な世代の方たちに認めてもらえるのか。」という不安は常につきまといました。しかし開発部をはじめ他の部のみんなも一生懸命頑張っています。自分が不安になってどうすると気を引き締めました。「ふるさと活性化会議」の時は、質問に答えられるかとても心配でしたが、最初に営業部の西田くんがきちんと答えたの見て“よし自分も”と勇気をもらいました。自分にとってふるさと活性化に関するすべての取組が、社会に出て行くときの大切なコミュニケーション力につながったと思います。1・2年生には、ぜひこの取組を継続してもらい、全員で同じ目標に向かって取り組むことのすばらしさを体験してもらいたいと思います。

CIMG0645.JPG

「ふるさと活性化会議」

において、開会挨拶をする生徒会長および

各質問に対し、答弁をする社長および各部

の責任者